【ヒミツじゃないけど】ワルイコトシタイシリーズ-14-

ワルイコトシタイシリーズの第14作目
桜賀めい先生のBL漫画
今回の作品は、幸村修二についての観察というサブタイトルもついていますね。

ヒミツじゃないけど あらすじ

今回のストーリーは、いつも何でもオープンに気持ちをぶつけてきた東雲が、ユキにヒミツを持つようになり、それにユキが振り回されます。

そして、東雲の姉妹も登場!
妹の莉子は、お兄ちゃんが大好きな可愛い子。
姉の香子はアネゴ肌で頼りがいがあります。

帝や東雲の姉妹たちの視点で、ふたりを見守るオムニバス集となっています。

ユキのお兄さんや、七生のイトコの聖人、永遠のお兄さん永久のストーリーもあるので、見どころ満載!

ヒミツじゃないけど 感想

ここからネタバレ注意!!

今回は、ユキと東雲が熱い!!
ユキが大好きな私としては、かなりテンションが上りました。
親の転勤で離れ離れになるかも?という状況なので、ユキもかなり動揺していました。

甘ったれでまだまだ子どもの莉子視点や、姉の香子視点のお話は、ふたりの関係をそれほど知らない立場からの目線なので面白いですね。

それに、何と言っても今まで出てこなかったキャラや、もっと登場してほしい!と思っていたキャラがたくさん登場したのですごく面白かったです。

ユキのお兄さんは、やっぱり恐ろしく個性的ですね。
七生に迷惑をかけることをしていた聖人は、意外に常識あったりして・・・

永遠の兄の永久は、ブラコンぶりばっかり読んでいましたから、会社での癒し系キャラは新鮮でした。すっごく可愛いのだけど!!!
同僚の女性に、天使か何かなんでしょうか・・・なんて言われるほどです。

そして、永久を囲む永遠の親友である優と、帝の姉の君子。
君子は優の様子を見て、即座に数年後を予想して感知したので、永久は、これから優だけではなく君子にも振り回されそうですね。せっかくなので、永久がラブを意識したお話を読みたいな~

ワルイコトシタイシリーズを読んできた方なら、この巻はかなり楽しめます!

ワルイコトシタイシリーズの登場人物と作品順番の紹介はこちら
桜賀めいさん先生の作品感想はこちら

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

人気ランキング