クロネコ彼氏のアソビ方 ~BLクロネコ彼氏シリーズ【1】

左京亜也先生の大人気BLであるクロネコ彼氏シリーズ。
その第一弾が「クロネコ彼氏のアソビ方」です。

クロネコ彼氏のアソビ方 あらすじ

撮影用セット専門の建設業者で働く慎吾は、イエネコの猫科人間。たまに猫化しては、適当な相手と遊び歩いています。

そんな彼に目をつけたのが、日本で一番のモテ男である俳優の賀神(かがみ)でした。
賀神にメロメロに愛されてしまう慎吾。

慎吾に執着する賀神は、手放したくないと思いますが、慎吾は体は許しても心を許そうとはしません。
そして、そんな慎吾の上で見せた賀神の姿とは・・・

クロネコ彼氏のアソビ方 感想

ここからネタバレ注意!!

エロ満点!!エロが苦手な人には不向きかも?と思うぐらい多いです。

このシリーズはずっと続きますが、切りの良いところで終わっているので、これ1冊読むだけでも大丈夫。

ただ、このカップルは山あり谷あり色々これからあるので、通して読んでみると感動も大きいですね。途中で賀神の兄も登場しますが、その兄がメインの「不機嫌彼氏のなだめ方」も最高に面白です。

名家の生まれの賀神と違って、慎吾はイエネコなので、強いトラウマがあります。何度も捨てられた経験があるので、心の底から人を信じようとはしません。それがクロネコ彼氏シリーズの全作品で色々起こる問題の原因となっています。

それが切ないんですよね・・・
我が家は実際に猫を3匹買っているのですが、どれも捨て猫をもらってきているので、慎吾のこのトラウマがらみのシーンは毎回号泣します。切ない・・・

このクロネコ彼氏のアソビ方は、突然現れた賀神に振り回されて嫌がりながらもどんどん惹かれていく慎吾の様子に目が離せません。

もともと攻めだったのに受けにさせられて、初めて身体の中に感じる熱い体温。そして、今まで知らなかった快楽を覚えていきます。

その一方で二度と捨てられたくないという気持ちは、慎吾の心を閉ざします。
賀神は、本気で慎吾を好きになって手放したくないと執着するのですが、なかなか慎吾の心も手にすることはできません。

もう読んでいる途中は、ハラハラしながら、慎吾~賀神なら大丈夫だよ~などとつぶやきながら読んでいたんですけど、最後にはやられたって感じでマジで感動しましたね。

黒猫になって逃げた慎吾を追った賀神の寂しいような悲しいような切ない顔。
絶対に捨てたりしないから、だから僕のものになって、慎吾、慎吾、慎吾

そのボロボロになった顔を下から涙をためながら見ている黒猫の慎吾が・・・たまりません!!

左京亜也先生の絵はとてもキレイですし、エロいシーンもかなりリアルでありながらキレイな描写。

エロ系が好みの方も、ストーリー重視の方も満足できるBLコミックです。

左京亜也先生の作品感想はこちら

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

人気ランキング