BL「イベリコ豚と恋と椿。」は、ギャグからシリアスまで盛りだくさんコミック

SHOOWA先生のBLのロミジュリストーリー?
ヤンキーカップルのおバカで超純愛の面白ストーリーです。

イベリコ豚と恋と椿。 あらすじ

不良なのに、地域のゴミ拾い活動をして有名な「イベリコ豚」という集団。
ある日、椿はゴミをポイ捨てしたとイベリコ豚のメンバーに文句を言われます。

やばい空気が流れた時にそれを止めたのは、イベリコ豚のリーダーであるイベリコこと入江。

それをきっかけに仲良くなった入江と椿は、どんどん仲良くなります。しかし、突然、入江が二度と会わないと言いだして・・・

ギャグ要素満載のヤンキーのロミジュリラブです。

イベリコ豚と恋と椿。 感想

ここからネタバレ注意!!

タイトルからして、「イベリコ豚」って何?って感じですが、入江と椿のお話部分は、常におもしろ要素満載です。でも、真剣に恋している様子がかわいくて、いざという時にはかっこよくて、初めて読んだ時は衝撃でした。

入江も椿もバカなんだけど、かっこいいんですよ。まさに男!!っていう感じ。普段びっくりするほどバカなことをしたりするのに、いざとなると頼りになるのっていいですよね。

そして、ふたりとも相手をすごく大切に思っていて、超純愛。ロミジュリって言われるのも納得です。

セリフもSHOOWA先生らしく、うまい!
椿が受けになることに悩んでいる時のセリフは、何度読んでも笑える・・・
「入江のバナナが俺のハバナにハバナイスデイ」

イベリコと椿のお話の他に、入江のお目付け役である吉宗と源路のお話も収録されています。
どちらかというと、こちらの方がメイン?というぐらいかも・・・
面白いのは同じですが、入江&椿のようなギャグ満載ではなく、ちょっと切なさもあるお話になっています。

私は、吉宗が好きで好きで・・・めっちゃ好きです(笑)

ストーカーにつきまとわれて、諦めさせようと源路に彼氏のフリをしてもらいます。それをきっかけに源路とカラダの関係をもつのだけど、やるだけならいいと言って源路の気持ちを受け入れようとはしません。

吉宗は過去にトラウマがあるだけで意外と真面目。
やるだけならいいと言いながら、誰とでも寝るような人でもなく、この続きのお話になる「イベリコ豚と恋の奴隷。」を読むと、色々わかってきますよ。

SHOOWA先生は、シリアス系から面白・癒し系まで色々なジャンルの漫画を描かれるけど、この漫画はぜひ読んでみてください。
色々詰まったコミックです。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

人気ランキング